人生術

有料座席サービス 新快速 Aシートのメリットとデメリットについて

2019年3月16日よりサービスが開始された新快速の「Aシート」。

本日、久々に電車に乗ったのですが、まだ、Aシートをご利用されていない方へAシートのメリットとデメリットをご紹介させて頂きます。

新快速 Aシートとは?

JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線において、姫路~野洲駅間で毎日上下4本運転されます。

通勤時間帯のほか、昼間や深夜にも運転し、通勤・通学やおでかけなどで便利な「新快速」をさらに快適にご利用頂けるサービスとなっています。

12両編成の新快速の1両(9号車)が有料シート車両となっています。

Aシートの車内風景

※座席写真

簡易テーブルも付いていました。

※一部付いていない座席もあります。

Aシートのお値段は?

乗車賃+500円となっております。

毎日、通勤で使うと、20日間×500円×2(往復)で、20000円乗車賃とは別途必要となります。

毎日使うといいお値段になるので、ここぞという時に使うくらいがいいですね!

有料シートのメリットとデメリット

<メリット>
満員電車でも快適に座れる
リクライニング機能が付いた座席
座席にコンセントが付いている
無料wi-fiも使える
座席に簡易テーブルが付いている

<デメリット>
1回の乗車につき500円かかる
本数が1日上下4本しかない
支払いでモバイルSuicaは使えない

 まとめ

メリットとデメリットを見ても圧倒的にメリットの方が多いので、サービスとしてはアリだと思います。

ただ、有料シートの車両本数が1日の上下で4本と少ないので、有料シートに座りたい方はその時間を狙わないと乗れません。

本日、有料シートを利用しましたが、新幹線なみにゆったりと座れる快適なシートでした。

以上、新幹線 Aシートのメリットとデメリットのご紹介でした。

それではまた。