仕事術

営業職の本質とは?【本質を理解すれば結果はついてくる】

デスクにすわるおじさん型のレゴブロック

今や営業職と検索すると、ネガティブワードが出てきますよね。

例えば、「営業 ノルマ きつい」とか、「営業 人気がない」などなど、、

確かに営業職は上記の通り、ノルマもあればキツいこともあります。

ただそれは結果が出ないが故に、心理的にそう思ってしまうだけで、営業の本質さえ理解すれば、結果も自然と出るようになり、営業職の良さを心から感じれるようになるでしょう。

また営業職というのは、一見、資格もなく何のスキルもつかないと思われがちですが、人生を過ごすうえで、とてつもないスキルを得ることも出来ます。

では、早速、結論からいきましょう。

と言いたいところですが、まずは「本質」というワードから紐解いていきます。

本質とは?

大きな木が地上に根を張り巡らしている

ネットで検索すると、そのものとして欠くことができない、最も大事な根本の性質・要素。と出てきます。

説明だけでは分かりにくいかもしれないので、「信号機」の本質を例で挙げてみます。

信号機とは、車の交通整理をする役割をもっていますが、交通整理をする事で、人の命を守ることが、信号機の本質にあたります。

いかがでしょうか?

本質の意味について、なんとなく理解して頂けたかと思います。

では、本質の意味を理解して頂いたところで、営業の本質について書いていきます。

営業職の本質とは?

6人が手首を持ち合って円を作っている

営業職の本質とは、ズバリ!

「相手の役に立つこと」です。

ん?そんなこと当たり前やろと思われたかもしれません。

しかし、これが本質なのです。

では、何故これが本質なのか?という説明をしていきます。

そもそも、営業職に限らず、世の中に存在している仕事というものは、誰かの役に立っています。

服屋さん → 体温を調整してくれる衣類を、季節に合わせて、提供してくれている。

飲食店 → 人が生きていく為に必要なエネルギーを提供してくれている。

車屋さん → 人が移動する為の手段を乗り物として提供してくれている。

テーマパーク → 人に感動や楽しさを提供してくれている。

警察官 → 平和に過ごせる世界にする為に、世の中の悪を正してくれている。

上記のように、どんな仕事や職種でも誰かの役に立っているのです。

営業職も同じです。

物を売る営業職であっても、サービスを売る営業職であっても、誰かの役に立っています。

営業職の本質とは、仕事の本質でもあるのです。

営業職は対人折衝が他の職種と異なり、多いだけで、他の仕事と変わらないのです。

何故、営業職は不人気なのか?

GORLという文字のOにダーツの矢が刺さっている

冒頭でもお伝えした通り、ネットで営業職と検索すれば、ネガティブワードが沢山出てきます。

確かに営業職は、ノルマがあり、休みでも電話がかかってきたり、お客さんとの付き合いも大変だったりします。

この中でも「ノルマがきつい」という事が、最も営業職のネガティブワードではないでしょうか。

ノルマがあるということだけを表面的に捉えてしまうと、精神的にもしんどくなってしまいます。

これも本質を捉えていけば、ノルマに対しての印象や理解は深まります。

何故、ノルマがあるのか?ノルマの本質とは?

都会にそびえ立つビル街

ノルマがある理由は、会社が社会の役に立つ(社会貢献する)なのです。

ノルマ、ノルマと言われていますが、そもそもノルマとは目標のことです。

ノルマと言う言葉の印象が強すぎて、あまりイメージはよくないですよね。

先程もお伝えした通り、ノルマとは目標です。目標があるということは、目的があります。

企業は目的を掲げて、目標を立てます。

これは人生でも同じことです。

夢(目的)を叶える為に、目標を立てますよね。

あなたが働いてる会社は目的があるのです。

もちろん、企業の最大の目的は利益追求ですが、その先には「社会の役に立つ」という、更に大きな目的があるのです。

だから、ノルマ(目標)が存在するのです。

とは言えども、ノルマ(目標)をどうすれば達成させれるのかという話しですよね。

これは、営業職の本質を理解して頂くことは大前提で、以前私が書いたこちらの記事をご覧下さい。

成果を出し続ける営業になる為には信頼関係と○○が大切。

まとめ

今回は営業職の本質について書いてみました。

営業職の本質とは、誰か為に役に立つことであり、仕事の本質でもあるのです。

仕事だけに限らず、人生において誰かの役に立つことは、自分の自尊心を高めてくれて、幸福度が高まります。

以前、こんな記事も書いているので良ければどうぞ。

ドラえもんから学ぶ。自尊心を大切にすることで、人生の価値を最大限にする。

物事の本質を捉えることで、景色は変わり、人生も変わります。

全ては考え方次第なのです。

ABOUT ME
SHOHEI
30代サラリーマン。営業職を8年程やっています。人生や仕事で学んだことを「人生の記録」としてブログに綴っています。