LIFE

人生をシンプルに生きる為の3つの考え方【無理に夢を持つのはNGです】

今まで夢や目標について、誰かに聞かれたことはありませんか?

社会人ならそのような機会も多いでしょう。

夢や目標を持つことは大切ですが、無理に持っても自分がしんどくなるだけです。

ましてや、時代の流れが急速に早まっているのに、5年後、10年後の未来がどうなるかなんて誰にも分かりません。

今回は、無理に夢を作ろうとしている方の気持ちを紐解きながら、人生を楽しむ為の考え方について書いていきたいと思います。

人が無理に夢を作ろうとする心理

あなたは無理に夢を作ろうとしていませんか?

もし、作ろうとしているのであれば、何故そのような心理になってしまうのでしょうか?

それは、人間が持つ"同調行動"が原因かもしれません。

同調行動とは?

人と同じ行動をとることであり、そこには人と違うことをして嫌われたくないという心理が働いています。

引用元:人間科学チャンネル

同調行動で有名な実験で、「ミルグラムの同調実験」というものがあります。

実験内容は、数名の人が建物の上を見ていると、通りがかった人も見上げてしまうというものです。これは、人の心理として、何があるか分からないので、とりあえず同じ行動をとっているのです。

夢も同じで、影響のある人物が夢を持つ事が大切だと言っているからといって、夢を作らないといけないという想いになっていないでしょうか?

夢という型にはまると、自分を見失なう?

夢というものは、目標というレールが敷かれるので、やる事が決まってシンプルにはなります。

しかし、その目標というレールの型にはまろうすると、周りが見えなくなり自分を見失なってしまいます。

また、誰かの人生をなぞることを夢だと思い込んでしまうと、しんどくなります。それはその人の型であって、あなたの型ではないのです。

松下幸之助という生き方

あのパナソニックを築き上げた松下幸之助は、きっとこの世の中を良くしたいという、そういう想いで会社を立ち上げた結果、あの様な大企業に育っていったのでしょう。松下幸之助の考え方は、至ってシンプルでした。

人生において大切なのは、自分がどうなりたいのか?これに尽きると思います。

人生をわざわざ複雑にする必要はありません。

シンプルな想いの中で、日々どうやって生きていくかを考えていく方が、圧倒的に楽であり、1日1日を充実して過ごせるのではないでしょうか?

人生をシンプルに生きる為の考え方

1. 当たり前の日常を幸せと感じよう

日本は諸外国に比べて、環境に恵まれている国です。日本は戦争もなければ、仕事をしていなくても生活保護を受ける事で生きていけます。全ての日常が当たり前になってしまっていますが、自分たちが如何に恵まれて暮らせているかを理解して、日々の日常に幸せを感じて生きていきましょう。

2. 家族、友人を大切に。

人は決して一人で生きていく事は出来ません。何しから誰かの助けがあって、今を生きています。ましてや、親なんていなければあなたはこの世には存在していません。家族、友人、そして人生で関わる人たちには感謝の気持ちを持ちながら生きていきましょう。

3. 何かに喜びを感じて生きよう。

いわゆる生きがいというものです。これは人によって様々です。その中でも、誰かの為に何かをする事で喜びを感じる事が出来れば、自尊心が高まり、豊かな人生を歩む事が出来ます。ドラえもんはのび太の為に生きる事で、自尊心を高め、生きがいを作っているのかもしれません。

まとめ

夢というものは、無理に持つものではありません。自分が生きていく中で自然に生まれるものです。10代で出来る人もいれば、死ぬまで出来ない人もいます。

また、夢を持ってもその型に縛られてしまい、自分を見失なってしまう事もあります。

人生を"夢"というワードで完結させるのではなく、もっとシンプルに生きて、日々の幸せを感じる事が大切です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です