人生術

夜寝る前にするといい4つの習慣【心とカラダを整える】

明日もまた仕事か、、と思っているサラリーマンの方も多いでしょう。

主婦の方も毎日ご苦労様です。

平日の夜は土日と違い、心もなかなか休まりませんよね。

今回は、そんな疲れた心と身体を整えてくれる4つの習慣をご紹介します。

身体をいつもより綺麗に洗う

シャワーヘッドから勢い良く出るシャワー

嫌な事は全てシャワーで流しちゃいましょう。

嫌なことがあった日は、身体にもそのようなオーラがついています。

シャワーをいつもより長く、身体も頭もいつもより綺麗に洗い流す事で、嫌なことも流してスッキリしてしまいましょう。

清潔で清められた身体で明日を迎えましょう。

瞑想する

岩場で瞑想する女性

夜寝る前に、その日にあった嫌なことや、明日の予定などを考え過ぎるのは、よくありません。

平日の夜は脳を休ませる貴重な時間です。

脳を休ませる事で、頭がスッキリするので、朝の寝起きも良くなります。

そうさせてくれるのが瞑想です。

瞑想といっても人それぞれのやり方はありますが、僕の場合は下記のような形で行います。

寝る前に行う。

あぐらをかく。

5分間行う。

イヤホンで自然音を聴きながら行う。

無になる。何も考えない。

呼吸は深呼吸を行う。吐く息を長く。

寝る前にする事で、そのまま寝ることが出来ます。長くやり過ぎても逆にしんどくなるので、5分程度をオススメします。そして、あぐらをして、耳からイヤホンで自然音を聴きながら、深呼吸を繰り返し、無の状態で行います。

本を読む

日の当たるところで読書をする人

本を読む事で色々なメリットが生まれます。

明日の活力になる知識を得れる

心を落ち着かせる

読んでいる間は嫌な事を忘れられる

本代がかさむのは嫌だという方は、AmazonのサービスであるKindleを利用すると、月額980円であらゆる本がスマホで読み放題になるのでオススメです。

水分を補給する

ペットボトルからコップに水を注いでいる

人は寝ている間に500mlの水分を失っていると言われています。

昔の人は寝る時の枕元に水をおいて、寝る前にコップ1杯の水を飲む習慣があったそうです。

この水は「宝水」と呼ばれており、睡眠中に失う水分をあらかじめ補うことで、健康にいい影響を与えてくれます。

まとめ

夜寝る前の2時間前を目安に、上記の習慣を行うのが一番いいでしょう。

なんと言っても身体は資本になりますので、平日の貴重な夜の時間をテレビやゲーム、ネットサーフィンだけで終わらせるのではなく、カラダのメンテナンスをするのも心掛けてください。